ちょっと本気で頑張ってみますか!

runtasticを活用した肉体改造のことや、良いなと思ったものをつらつらと記録しております。

通勤ラン準備

通勤ランを始めるにあたり、不安な点が2つありました。

①予定通りに駅にたどり着けるのか?

②荷物が走るのに邪魔だ…

※通勤経路に電車を設定している場合、走る行為を認めていない会社もあると思いますのでルールは確認しておきましょう!

 

休みの日に走ってみれば①の不安は解消できそう。ですが土曜のゆっくり出勤日があったので、いつもより2時間程早く出発して実行に移してみようと決意しました。

 

そして②の荷物。ここで普段あまり気にしていなかったカバンの中身を確認です。

・気分的にもっているだけでまったく触らない資料

・鍵

・財布

・定期入れ

・本

・携帯(バッテリーと充電器も)

・飴とかレシートとか

 

この「資料」。結構な束で重量もバカにできません。これ…いらないだろう…

なぜ俺は今まで毎日こんな無駄なものを…

本と携帯一式を除くと手ぶらできるレベルでした。

なので書類は全て整理しました。

 

リュックサックはランニング用のものではないですが、まずはあるものを使ってみます。

そして持ち物は、

・Yシャツ

・Tシャツと下着

・タオル

・鍵

・財布

・定期入れ

かなりスッキリです!

 

会社のロッカーにスーツと革靴、予備の着替えやタオルを常備することにして、実行前に準備。

いざ出陣です!

 

 

1月の記録

1月はさすがに1年の始まりということもあって、頑張れたかなと思います。一回もできなかった懸垂は6回上がるようになりましたし、なんといってもランニングがすごく気持ち良いと感じるようになりました!

 

f:id:runtasticlover:20170216171843p:image

 

しかし2月に入り問題が。朝も夜も家事や語学の勉強時間に当てたりと筋トレと走る時間が確保できないまま2週間ほどたってしまいました。

このままでは1月が無駄になってしまいます…

 

解決策は一つ!

通勤の乗換駅までの約9kmを走ってみる!です。

そもそも1月の1ヶ月では大体6kmで物足りなく感じるまでになっており、かといって10kmは休日にしか時間をとれない…でもそのランニングの時間が子供の「パパ遊ぼう!」を奪ってしまうのでそんなに走りに行けない…と、うんうん唸っていたのです。

通勤ランなら習慣にできそうですし、休日は家族との時間や勉強に当てられる!

色々な不安もありましたが、実際にやってみました!

runtasticと連携できる心拍数計

【日本国内正規販売品・保証付】MIO FUSE ミオ フューズ コバルトブルー (Lサイズ) 継続的心拍測定ライフトラッキングデバイス Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0 ANT+対応

Mio 活動量計 【日本国内正規販売品・保証付】MIO FUSE ミオ フューズ クリムゾン (Lサイズ) 継続的心拍測定ライフトラッキングデバイス Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0 ANT+対応

【日本国内正規販売品・保証付】MIO FUSE ミオ フューズ コバルトブルー (S-Mサイズ) 継続的心拍測定ライフトラッキングデバイス Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0 ANT+対応

Mio 活動量計 【日本国内正規販売品・保証付】MIO FUSE AQUA ミオ フューズ アクア (S-Mサイズ) 継続的心拍測定ライフトラッキングデバイス Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0 ANT+対応

心拍数トレーニングって意味あるの?というのが最初の疑問。でも実際に計測してランニングに取り入れてみると、なんでもっと早く取り入れなかったのかと後悔しました。

感覚でハァハァ息をきらしてきつかったから「効いてるべ!」というのと、計測した強度を基準にもっと強度を高めるのか、ダイエット目的だったから強度を下げるのかは大きな違いです。

 

ここで問題になるのは、どの心拍数計を使ったらいいの?ということです。

金銭的な問題と、どのアプリをメインにするかで買うべき心拍数計が変わってしまいます。

 

【Mio FUSEで決まりだ!】

iPhoneユーザーでruntastic以外に考えられない!という私のようなユーザーはMio FUSEで決まりです。

お金に余裕があるのであれば、ベストはiWatch Series2です。iPhoneをポッケに入れることなく、runtasticも起動できてAirpodsを併用することでなんのストレスもなくランニングに行って電車にも乗れて途中コンビニで飲み物まで買えてしまいます。

ですが、悲哀ただようお父さんにそんなお金はないわけでして…正直iPhone6s Plusをポッケに入れて付属のイヤホンを使って走っている現状、とにかく心拍数を計ることができれば良いのです。(ただし有線のイヤホンは、必ず数回は指にひっかっかって抜ける、もしくは追い込んでダッシュした拍子に有線の重みで外れて片耳とれるといったストレスがあります。)

そこで調べたところ、Mio FUSEはruntasticアプリが認識し、2016年1月現在では1万円程度(従来の半額)で買うことができます。私がMio FUSEに求めているのは、「runtasticで心拍数を計測できる」の1点につきます!

 

f:id:runtasticlover:20170129020647j:image

 

装着です!

液晶表示は数秒で消えてしまいます。走っている間は確認しないのですが、runtasticが1kmごとにペースと心拍数を読み上げてくれるので、目標とする心拍数以下であればペースを上げることができます。また、平常時(青)→脂肪燃焼(深緑)→有酸素運動(緑)→無酸素運動(黄)→レッドライン(赤)とステージが変わると振動してくれます。

結構腕の上側に付けるので、きつめに締めないとずれてきます。サイズは2種類あるのですが、ほそ過ぎない男性であればラージサイズにしておいた方が無難です。

 

Mio FUSEの残念な点は、Mio GOというアプリをダウンロードしてbluetooth接続により初期設定し、このアプリ経由でデータ収集をする仕組みなのですが、Mio FUSE自体にGPSが付いていないため、コースを記録したい場合は単独ではまかなえないこと、アラーム機能が付いていないため、Fitbitのように朝家族を音で起こすことなく振動で起こしてくれる機能はないことです。一応活動計としてスリープモード(睡眠状態を計測)がバージョンアップで実装されましたが、役には立ちません。そんなのは携帯アプリで十分です…

また、Mio GOにも色々ランニングの距離など記録機能があるのですが、runtasticを使っている以上ゴミに等しいです。

 

結果、胸に巻くタイプの心拍数計は煩わしいので却下!runtasticで使える腕時計タイプのものとなるとこれ1択ではないかと思います。

防水機能が付いていてジャブジャブ洗えるところはGood!です。

 

【Fitbitがruntasticと連携してくれれば…】

FitbitにはGPSが付いており、もしやこれさえあればiWatchなんぞ買わんでもこれ一つでランニングにいけるのかいや?と思いましたが、結果無理でした。

runtasticアプリと連携して心拍数を計測し記録に残すことはできません。

Fitbit用アプリユーザーで、runtasticを使わない方であればありですが、Fitbitは「タイムの上がるジョグのトレーニング」には適していないため、私の目的には合致しませんでした。

デザインとGPS内蔵、振動によるアラーム機能と、runtasticで使うことができさえすればこれ最高なんですけどねえ…

 

Airpodsを注文しました】

12月下旬から販売を開始したAirpodsですが、価格に悩みウジウジしていたらApple Storeで発送6週間待ちになってしまいました。現在では店頭受取も選べたため、有線の煩わしさを解消すべく注文実行!

o(`ω´ )o うおおお

2月中旬納品予定です!

楽しみです。

runtasticとは?

runtasticは元々オーストラリア発のアプリで、ランニングアプリだけでなく腕立て、腹筋、スクワット、懸垂と様々あり自分のアカウントで記録を統合することができます。

 

色々なランニングアプリが出ていますが、私がこのアプリに決めたのにはいくつか理由がございます。

 

【理由その1】

1kmごとにペースがわかる!

f:id:runtasticlover:20170128200219p:image

 自分のペースがトレーニングの結果どう変わったのか、心拍数と共に確認できることが、後々大きなことになります。さらに走ったコースや高低差、景色がよければ走った記録を保存する際にコメントと共に写真を残すこともできます!

 

【理由その2】

他のruntasticアプリと連携している!

私はこれまで筋トレも続かず、月に3回とかやっては「全然見た目もかわらねーしつらいだけ…」と結局筋肉もつかず、かといって完全にやめもしないまさに効果のあらわれない哀れなアラフォーです。

ただ、このアプリ連携は1日にせめて一箇所、例えばスクワットだけやっても記録が残り、他のruntasticのランニングアプリなどと合わせてどれだけのアクティビティを実行して、週に何時間、何キロカロリー消費したのかなどをアカウントに紐づけて記録してくれます。これがモチベーションを維持してくれる原動力になります。

あこがれのマッスルボディ目指して、この1年で少しでも結果を残したい…ッ!!!

今まで何の結果も残せなかったアラフォー親父が、親父の肉体変わるものなの?を体を張って頑張って見ます!